問題です。

 

生まれてから一番早く取得できる身分証はなんでしょうか?

 

・・

・・・

運転免許?

 

答えは、パスポートです!

便利ですよね!

(あまり感じたことはないかもしれませんが。)

申請するだけで日本人なら誰もが獲得出来てしまう「パスポート」。

旅に出ようとしたが、空港で引き返すことになってしまった。

世界で通用する身分証です!

 

パスポート

 

生まれたばかりの赤ん坊であっても、
100歳のおじいちゃん、おばあちゃんでも申請が可能であるのです。

こんな早くから受取れる身分証明書があるでしょうか?

一番早いのは免許書ではなく、パスポートなのです。

 

 

☆世界で通用する通行証の獲得方法☆

1.戸籍謄本(または戸籍抄本)1通
2.住民票の写し1通
3.45mm×35mmの証明写真
4.運転免許証等の身分証明書

これらたったの4つの書類を持ち、都道府県の申請窓口へと足を運ぶ。

私はよく春日部に行っていました。

「一般旅券発給申請書」に記入し、持参した4つの書類と一緒に窓口へ提出。

約一週間後、16,000円分の収入印紙を購入後、
申請時に獲得した「受領証」にペタリと貼り付け窓口に提出するだけ。

たったこれだけの行動でパスポートをGetです!

『日本国旅券(JAPAN PASSPORT)』

が獲得できます。

少し手間がかかり、お金も16000円払うだけです。

パスポートさえあれば、世界中のほとんどの国を観光で訪問する事ができます。

パスポートさえ持っていれば、ビザを申請する必要はなく、
だいたいの国で15日程度の滞在は無条件で許可されます。
(だいたい30日くらいまではOKでしょうか。)

これまで、私自身当たり前のことだと思っていました。

 

 

「えっ、当たり前でしょ?」との声が聞こえてきそうですが。

 

 

実は違います。

 

 

世界から見れば、非常識極まりないことです。。

例えば、中国人。

初めて知ったのですが、彼らが日本を訪れる場合、

日本への入国ビザの取得は必須です。

平均的な日本人よりもずっと金持ちになり、
世界から歓迎されている彼らでさえも外国を訪れるときには、
ビザの取得が絶対条件になります。

私は日本人なので全く気づかなかった事ですが、

世界200カ国以上のほとんどの国に住む国民にとっては、

ビザを取得することは必須になっています。

 

その外国に行くには、ビザ申請することが「常識」なのです。

日本人ほど自由度を持って外国と往来できること自体が

世界全体から見れば特別です。

 

大抵の外国人がこの状況を羨ましがることは間違いありませんよ。

そのきっかけが、80年代頃には金遣いもマナーも良い日本人観光客のおかげです。
世界中で歓迎されるようになったのです。

 

各国は日本人に対する観光ビザを次々と免除!!!

 

パスポートは使ってこそですから、この自由な状況を楽しみましょう!

 

海外に出掛ければ、日本の良さを客観的に知る良い機会になると思います。

 

そのためにはお金が必要となってきますから、軍資金を稼いでいきましょう。