果たして「海外に銀行は必要なのか??」です。

 

ただ、今の現状を見ても海外に口座を持っていた方がいいのでは?

と思っている人はいるのではと思います。

銀行

結論から言えば、誰しもが必要ではない。ということです。

 

非常に正しい感覚だと個人的には思います。

 

私も同感です。

 

そこから本当に銀行口座を開くかは全く別の次元の問題になってしましますが。

 

考える、思いを巡らす。

非常に重要だと思います。

自分の人生をこれからどう歩んで行くか考える。

 

おそらく、ほとんどの人は時間をとらないで、何となく過ごしてしまっていると思います。

 

海外の口座を持つ上で障壁となることを考えてみました。

まず、口座開設という行動が一つ目の壁でしょうか。

(なんとなく良さそうだけど、実際開くとなると行動できない。。。)

 

実際、開設という英断をした方でさえ、

日常会話を英語でスムーズに出来る程度の英語力がなければうまく活用することが出来ないのが現状です。

第2の壁になります。

使わないと凍結されてしまいますので。

(だいたい1年から半年が多いそうです。)

 

もしそうなった時には英語で現地に電話して自らスタッフに話をつけなければなりません。

もしくは、現地に飛んで解決するかどちらかです。

やはり英語は必要だなと個人的には強く思っています。

そもそもですが、海外に口座を持つか?考えたことありますか?

 

私も最近までありませんでした。

なんとなく不安なニュースばかりあるな。

特にNHKの預金封鎖のニュースが流れた時に、

この特集は何を示唆しているのだろうかと考えました。

 

そこでどうして不安になったのかを原因を探ってみようと思いました。

現在の日本では借金が増え続けていて返す見込みが無いのではないのか。

それが国家破綻につながるのではないか。

預金封鎖があるんじゃないか。

(なぜ、今になって、しかもNHKで特集を。。。)

 

日本の銀行に預けても利子つかない。

切り口はたくさんありましたが、、、

 

ちなみに国家の財政が破綻するとどうなるのか?

少し前にジンバブエがニュースになりました。

ハイパーインフレと呼ばれる通貨の価値の急激な下落。

それによってお金が紙くず同然になりました。

down

 

 

今のお金が紙くず!?

 

ビックリしませんか??

でも世界では実際行われています。

 

そして、行われた国よりも日本の状況の方が深刻ということも。。。

それでもなお、新札が刷られていきます。

 

結果として、お札だけ溢れかえり元々の価値とはほど遠いところに着地してしまします。

トイレットペーパーよりも紙幣の価値が低くなる。

それに調べていくうちに分かったのですが、

海外の銀行では日本では考えられないほどの高金利商品が当たり前のようにあります。

(もちろん自己責任で、やってくださいね。)

 

ただ、自身の運用状況や活動状況も今後リアルにお話できればと思います。

日本から世界へと目線を少し移すだけでチャンスがあります。

 

簡単につかめるチャンスさえも逃しているのかもしれないなと思った今日この頃です。

日本の銀行じゃないと安心できないという方、、、

 

 

日本の銀行口座は本当に安心ですか?

 

 

最近ではネット銀行なんて手もあります。

ネットってなんだか不安。

本当に不安でしょうか?

小さい子供はお化けが見えないから怖いといいます。

人は見えないものを不安と名付けています。

きっと、不安を調べていってその実態を掴めば、不安ではなくなるのではないかと思っています。

 

今まで自分の知らなかったところに情報の目を向けてもらえたらと思います。

ここまで、お読み頂きありがとうございました^^

この記事の内容について

感想のコメント頂けると嬉しいです。

またブログランキングにも参加していますので、

少しでもお役にたったら応援お願いします!