前回お伝えしたように、リセリングとは「転売」です。

なぜ、このビジネスモデルが今でも生き続けているか?

それは、とてもシンプルかつビジネスにとって当たり前のことだからです。

 

「安く買って高く買う」

 

photo credit: Money in hand via photopin (license)

photo credit: Money in hand via photopin (license)

 

 

えっ!?それだけ??って思いますか?

 

そう、これだけです。とてもシンプルです。

だから正しくやれば、誰でも稼ぐことができるようになるのです。

必要なのは高いせどり塾に入ることではなく、一つ一つ基本に沿って経験を積むことです。

あなたにも必ず稼ぐことができるのが、この「リセリング」なのです。

以前は専業の深い知識のある人しか行えないと言われていました。

(それもそのはず、そういっておけばライバルを減らすことができるし、専門の知識を持っていれば、成功する確率は格段に上がります。)

しかし、この専門知識は十分条件であって、必要条件ではありません。

つまり、「安く買って、高く売る」ことさえできれば、

他にはまったく必要としないのです。

せどりは稼げなくなったなど言われていますが、それは全くのウソです。

私は今でも稼ぎ続けていますし、物もどんどん生み出されています。

 

 

なぜ、「リセリング」がいつまでも稼ぐことができるか?

 

 

それは「人の価値感の相違」に集約されます。

 

今、あなたの好きなアイドルはいますか?

たとえば「嵐」。

とても人気ですよね。コンサートチケットを買うのも一苦労です。

その嵐が新しくCDを発売します。

よく限定盤なんてありますよね。

CDの定価が1,500円とします。

Aさんは結構好きで予約できたので1,500円で購入します。

(このとき、1,500円と引き換える価値がこのCDにはあります。)

 

一方、Bさん

大大ファン!!しかし、予約できませんでした。

でも、Bさんとしては欲しいですよね?

どうしても欲しければ、おそらく3,000円でも買うと思います。

(このときのBさんのこのCDへの価値は3,000円になります。)
こんな現象が平気で起こります。

 

よく、限定盤を予約して転売している人がいる。

←正直あまり私は好きではないですが。。。

 

このような方法は一つの方法です。

王道とも呼べる方法です。

 

「需要と供給のバランスで値段は決まります。」

 

世の中に欲しい人がいて、その物を欲しい人に届けたいという思いがあります。

 

インターネットの普及した世の中だからこそできる芸当だと思っています。

北海道では埋もれていたモノも、九州で欲しい人がいれば、

そのモノには新しい息吹が吹き込まれます!

モノで溢れた世の中だからこそ、

こんな仕組みを活かしてビジネスの第一歩を踏み出してほしいと思っています。

 

ただ、稼いでからでないと理想は語れませんので、

まずはあなたには「リセリング」で稼ぐとはを知ってもらおうと思っています。

分からないことは相談してくださいね。