仕入れの際はアマゾン最安値と

アマゾンランキングを基準にする方が多いと思います。

しかしアマゾン最安値は常に流動的です。
アマゾンランキングに至ってはランキング100万以下の本でも

本が売れた直後に10万位前後まで大きく順位を上げます。

つまり、順位はあまり信頼出来ません。

仕入れ単価の安い古本なら多少仕入れに失敗しても大した痛手にはなりません。

しかし、これが仕入れ値1万円以上するDVDボックスなら大問題ですよね。

商品を買う前に必ずAmashowを極めましょう。

(モノレートになってました^^;)
モノレートのグラフが読めるようになると

その商品の適正価格、売れるまでの期間、実際の利益が

手に取るように分かるようになります。

 

それでは早速使い方を説明していきたいと思います。

まずは「Amashow」にアクセスします。

※登録は特に必要ありません。完全無料です。

(これがまたいいですよね^^)

 

まずは一番上の検索窓に検索したいキーワードやJANコード等を入力します。
※ISBNコードや規格品番などでも構いません。

 

一番、最初に表示されるのが定価や商品名、規格番号など商品の詳細です。

 

ワンピース

次に商品情報の下のタブでグラフの表示期間を切り替える事が出来ます。
基本的にはデフォルトの3ヶ月で特に問題は無いと思います。

3ケ月緑のグラフが新品価格です。
赤のグラフが中古価格の推移を表しています。

(これには中古が出ていませんね。。)

※茶色は参考価格(定価)です。

グラフが安定しているものは、価格が安定している商品なので
価格変動による値下がりのリスクが低くなります。

 

私は以前、1,365円(定価)のものが一万円前後に急激に値上がりした商品を見つけ、

嬉しくなって利益が出ると買いました。

しかし、元々千円前後で推移していたのにたまたま在庫切れで値上がりしていました。

もちろんマイナスでした。

今となってはいい勉強になりましたが。。

 

元々は1000円程度価値しかないのに需要と供給の関係で

一時的に高値が付いているだけでした。

つまり、そういったものは最終的に本来の適正価格に

値下がりしていく可能性が高いです。

 

モノレートは一時点だけでなく、

これまでのすべてのデータが見れますのでそんな失敗が減ります!

 

これってかなりすごいことですよね??

 

「せどり」をしない方にも知っているとお得な情報です^^

 

これまでの価格推移が分かりますから、高値掴みのリスクの可能性が

極限まで少なくなります!

 

これは、本当に便利ですので、ぜひとも使い倒してください^^

ここまでお読み頂きありがとうございました。

この記事の内容について

感想のコメント頂けると嬉しいです。

またブログランキングにも参加していますので、

少しでもお役にたったら応援お願いします!