リセリングの良い点ですが、自分で商品を作る必要がないことがメリットです。

もう既に市場にあるもので勝負できるといった点が利点になります。

それでは、

 

「何を仕入れればいいですか?」

 

 

 

ズバリ!これです!!

「Amazon手数料を引いて、

FBA最安値で出品しても利益の取れる商品」

 

これに忠実に従って、作業を繰り返していけば利益だけが積み上がっていきます。

 

仕入れの時点で勝負は90%決まっていると思ってください。

 

では、どうやって利益の出る商品を見分けるか??

基準はどうしたらいいのか??

頭の中に??が飛び回っていると思いますが、

そこで必要になってくるツールがこれです。

 

☆FBA最安値検索ツール256x

 

使い方はいたって簡単。

手に取ったCD、DVD、ゲームソフトのJANコード(バーコード)を入力するだけ。

以上です。

昔は使っていましたが、使えなくなっていましたので、別のを紹介します。

ただし、アプリなので、スマホをお持ちでない方は使えません。

 

せどりすと☆

 

このツールを活用してみましょう。

では早速検索してみましょう。

515

 

JANコード(バーコード)を入力すると商品の情報を見ることができます。

例えばですが、

 

値段

 

タイタニック ブルーレイ スペシャル・エディション (2枚組) [Blu-ray]
定価4,990円 Amazonランキング 14,389位

この場合だと新品の最安値が4,460円で、

Amazon手数料が販売金額のだいたい20%取られることを考えます。

2,000円程度で仕入れることができれば、1500円の利益が確保できるというわけです。

 

Amazonさんにけっこう持っていかれます。。。

 

Amazon税というやつです。

 

働いている分(24時間体制)はもっていくぞ。。。といったところでしょうか。

 

少し高いですよね。

 

 

正確な金額は一度紹介したことのある

FBA料金シミュレーターを使えば調べることができます。

 

☆FBA料金シミュレーター

 

家の周辺にある電気屋さんやCDショップを3、4軒見て周れば、

かなりの確率で50%オフや70%オフのワゴンセールを発見することができます。

利益の出る商品を見つけることは難しくないと思います。

(私の場合は見つけるまで、少し時間がかかりました。)

50%OFF

購入しなくてもいいので、一度お店へ行って手当たり次第に検索してみましょう。

お店の人に怪しまれるんじゃないかと思うかもしれませんが全く問題ないです。
大量購入してくれる上客ですから。

たまにブログで注意されましたと書いている方がいらっしゃいますが、注意されたらやめればいいだけです。

(出入り禁止になるわけでもないですし、

訴えられるわけでもないと思います。)

 

安心して堂々と検索して下さい。

 

JANコードの他にも規格品番でも調べることができるので
入力しやすい方を使って下さい。

ケースの背中に書いてあるアルファベットと数字が規格品番です。

利益の出る商品の中でも、

いろいろな種類があるのでそれについては、またお話させて頂きますね。