副業の大きなポイントとしては、どれだけ時間が費やせるか?

ではなく、どれだけ限られた時間の中で仕組みを使っていくかです。

 

今回は「せどり」の相棒を紹介します。

 

「FBA(フルフィルメント By Amazon)」を利用しての販売だと、

個人で販売するよりも手数料を多く取られるという話しをしました。

どれくらい違うのかFBA料金シミュレーターを使って比較してみましょう。

☆FBA料金シミュレーター
https://sellercentral.amazon.co.jp/gp/fbacalc/fba-calculator.html?ld=ASFBACalc

まず、商品を検索です。

amazon FBAシュミレーター

 

この赤枠に

・商品名
・ASIN(Amazonでの商品コード 例 B005JQV71Q)
・JANコード(バーコードの下にある番号 例 4988135880604)

のいずれかを入力して商品を検索して下さい。

 

商品情報が出てきたら、商品代金を入力して、利益を比較してみましょう。

 

ここでは『ハリー・ポッターと死の秘宝 PART2 ブルーレイ & DVDセット スペシャル・エディション(4枚組)[初回限定生産] [Blu-ray]』を

『自己発送』した場合と、『FBA』で販売した場合を見ていきましょう。

 

amzon 値段

 

画面を見てもらえればわかりますが、

『自己発送の場合』

販売価格:3800円+発送料:140円=3940円
これが購入者が払う金額になります。

・販売手数料:570円
・カテゴリー成約料:140円

そして3940円から手数料を引くので

利益は3230円になりますね。仕入れた金額を差し引いた額が最終利益となります。

『FBAの場合』

・販売価格:3800円

・発送料:0円
・販売手数料:570円
・カテゴリー成約料:140円
・出荷作業手数料:86円
・発送重量手数料:78円

3800円から以上の手数料を引くと、2926円となります。

さらにAmazonの倉庫に保管しておくと
毎月4円の手数料がかかります。

もう少し以前は安かったのですが、最近値上げ傾向です。

 

ですので、『FBA』と『自己発送』では1つの商品の販売だけで304円もの差がで出てきますよということです。

仮にあなたが、月に300個販売したとしてください。

304円×300(個)=91,200円もの差になります。

ものすごい差ですよね。

ここまで読んだ方は、じゃあ自己発送が良いのか。と思いますよね?

ただ、ここからが超重要です。

 

 

ほんの少しの手数料を払うことで、Amazonはあなたのために働いてくれます。

 

しかもあなたが眠っている間も24時間です。

(ここが本当に重要!)

注文処理、梱包作業、出荷の仕事をかなりのスピードでこなしてくれます。

実際、個人で注文処理から出荷までやったことがある方はわかると思いますが。。。
かなり作業って手間がかかるんです。

たとえばですが、

【あなた個人で出荷販売の場合】

在庫:自宅

注文処理、梱包作業、出荷:自分

全て自分で抱えることになります。

ですので、家を空けることができないでません。

旅行なんて無理です。

(あなたが注文者なら少しでも早く商品が欲しいと思いますよね?)

注文が入ったらすぐに出荷しないと、クレームにつながります。

サラリーマンの私は業務で忙しい私には、個人配送での出品は到底無理です。

あなたも副業でやる場合、平日に出荷作業をやると煩雑になると思います。

 

では、どうしたら良いか?です。

 

もう、察しの良いあなたなら分かるかもしれませんが、

 

その全ての問題を解決してくれるのがこの

「フルフィルメント By Amazon」 です。

 

商品を仕入れて、Amazonに送れば、あとはAmazonが販売してくれる。

あたなが仕事中でも、旅行中でも、Amazonはあなただけの為に24時間働いてくれます。

一般的なサラリーマンでも24時間販売が可能であるのは、

この仕組みを利用している方に他なりません。

 

しかも、お客さんはAmazonが販売していると思っているので
より信頼もあって、販売成約率が高くなる傾向にあります。

 

ほんの少しの手数料で、あなたは自由に時間を使うことができる

最大のメリットはこれです。

 

口癖が忙しいっていう、あなたにとって最強の味方がAmazonになるわけです。